Cases 事例紹介

Home > 事例紹介 > リモートチーム活用 > ナレッジ開発 > 営業ナレッジの掘り起こし・コンテンツ化(SaaS開発販売会社様)

営業ナレッジの掘り起こし・コンテンツ化(SaaS開発販売会社様)

ご担当者様のお悩み
「個々の社員に蓄積したノウハウを見える化し、会社全体に還元したい!」

「緊急性の高い案件の対応が優先されるがゆえに、セールス現場では着手しづらい社内知見の整理支援を実施し「言語化・可視化」により営業力強化へ貢献しました。」
チームコンダクター:江頭 チームメンバー:中澤、中村

企業様の課題

急な新人増員

新人営業スタッフへの研修ツール、
同時にユーザー向けコンテンツ拡充を検討したい

セールス知見の暗黙知化

スタッフそれぞれが独自の営業テクニックを使っている状況、これを体系化してチーム全体の資産にしたい

部署横断業務のルール未充足

複数部署を跨ぐ連携ルールが定まりきらず複雑であることも営業アクション上のネックに…。これも解消したい

ナラティブアプローチ 〜語りを引き出す工程〜

①顧客関係性マップの作成

マップ作成を通じ、
ルール未充足、情報不鮮明箇所等の課題箇所の洗い出しを実施。

②ワークショップ開催

抽出された課題毎にワークショップを開催。メンバーの「語り」から思考の整理を実行

アウトプット 〜引き出した語りを新しい価値へ〜

③言語化(セールトークのタグ化)

個々の社員のもつ知見を共通言語化することで、関係者全体で共有可能なナレッジ資産に。

④視覚化(ストーリーカード)

パターンランゲージをベースに、ストーリーをコンテンツ化。営業研修ツール、またユーザー向けコンテンツとして活用頂きました。