本文の始まりです

Member

‘はたらく’でつながる

会社に属さない働き方を選んだ、様々なスキルセットのメンバーが参加しています。

江頭 春可 (えがしら はるか)

大学時代から自身が主宰する劇団の演出を経て、株式会社リクルートで広告営業、toB情報発信サイトの企画を担当。外資系ネットベンチャーを経て、toCコミュニティサイトの企画業務で独立。 2009年よりフリーランスをチーム化し、コミュニティサイトやSNSを通した企業のWebマーケティング支援を行うナラティブベースを設立。

安楽 理恵子 (あんらく りえこ)

大手広告代理店で約8年間、営業・海外本部・PRを担当。 退職後は、英会話や洗浄剤のPR業務を行いながら、ママコミュニティ「プレシャスネット」を設立し代表に。 商店街や地域をあげてのイベントを多数創設・企画・運営している。 2014年よりナラティブベースに参画。 人とコミュニケーションを取りながら、新しいアイディアを仕事にすることを得意とします。 小学生の娘2人のママ。

我妻 あかね (わがつま あかね)

大手人材派遣会社で約15年、営業・研修担当・業務企画等に従事、2度の産育休を経て退職。 2014年よりナラティブベースに参画。会社員時代の経験を生かしてパートナー企業の業務フロー構築等に従事。 個人としては、主にママと赤ちゃんを撮影するカメラマンとして活動中。

石橋 奈津子 (いしばし なつこ)

大学卒業後、人材業界の営業職に従事。第一子出産後、時短勤務にて営業企画職として復職も、長時間通勤に疑問を抱き退職。現在三児の母。「子どものそばでできる仕事」にこだわりいくつかの職を経て、2017年ナラティブベースに参加。   プライベートでは、「放課後子ども教室」のコーディネーターとして、子どもたちの放課後の居場所作りに従事。また、趣味で音楽活動を行い、年に3回ほどライブに出演中。

今井 早苗 (いまい さなえ)

広告系ベンチャー企業に営業職として1年半就業。妊娠を機に家庭へ入り、育児の傍ら、ママコミュニティ「プレシャスネット」でイベント企画・運営などに携わる。 リアルな交流の場を持ちつつ、SNSなどITもフル活用して、地域や育児情報を発信。ナラティブベースでは、レポート作成や企業SNSの運用業務を担当。小学生男子、幼稚園女子、男子の3児の母。

浮田 智恵子 (うきた ちえこ)

大学卒業後、総合人材サービス会社入社。 11年の在籍期間中には、営業、コールセンター、秘書、総務など幅広い業務に従事する。 第二子出産後に退職し、2015年よりナラティブベースに参画。現在は、「Webコンテンツライティング」を主に担当。 今まで経験したことのない業務に四苦八苦しながらも、前職で培われた柔軟性を活かし、新しい事にチャレンジ中。

勝間田 恵子 (かつまた けいこ)

出版社営業事務、エステサロンのカウンセラー、コピーライターなどを経て、広告情報ビジネス会社にてブライダル情報誌部門の制作ディレクターに。 出産後は、部の組織運営に7年従事し退職。 2015年よりナラティブベースに参加。今後は、ナラティブベースの働き方を「当たり前」にするべく、キャリアコンサルタントの資格を取得し、女性のキャリア支援のサポートも行いたい。

神谷 奈央子 (かみや なおこ)

大学卒業後、「手に職」を目指してSEで就職。 好奇心旺盛な性格から、他の仕事にも興味を持ち始め、雑貨コーディネーターの仕事を学ぶためのスクールに通ったり、食器販売員や経理事務なども経験。 出産後、ママコミュニティの運営企画に携わる。現在、ナラティブベースでは、WEBライティングやコミュニティ運営、経理事務なども担当。 7歳の息子と5歳の娘の母。趣味は、オシャレなカフェめぐりと出産前から始めたフラダンス!

佐藤 優子 (さとう ゆうこ)

短大卒業後、編集プロダクション勤務やフリーランスで雑誌や書籍の編集、取材、ライティングを行う。 第二子出産後、2015年よりナラティブベースに参画。小学生と幼児姉妹のママ。

田中 敬子 (たなか ゆきこ)

新卒で入社した人材系企業に約10年間勤務。人材紹介業・人材派遣業・経理部門に携わり、出産を機に退職。 約7年間のブランクを経て、ナラティブベースでライティング業務を開始。 家では男の子2人、女の子1人の母。育児家事に奔走しながらも、在宅で働けることの有難さを実感中。

野元 由美 (のもと ゆみ)

大学卒業後、㈱リクルートに就職。出産を機に退職し、ふたりの子どもを授かった後、離婚。40歳過ぎて3人目を出産。 専業主婦時代に、社会との隔たりを感じて苦しんだ経験から、「自分でいられる時間」を作るために働く母だけでなく、すべての母が子どもを安心して預けられる「場」を作りたいと考えています。 現在は、公立保育園で保育士として就業中。住まいの市のファミリーサポートセンターにて活動開始。 母の笑顔が、子を育てます。

本文の終わりです